> 運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメントの取組み

★当社の運輸安全マネジメントの取り組みについては以下の通りです。

 

当社ではこのたび、輸送の安全確保を第一にお客様を目的地まで安全に、なおかつ、快適にバスのご利用が出来ます様に以下の通り全社を挙げて取り組むことといたしましたのでお知らせいたします。

平成29年 4月1日

◎輸送の安全に関する基本的な方針

1、当社は輸送の安全を最優先し、お客様に安全を提供いたします。

2、当社は、社長はじめ役員全員が輸送の安全確保がバス経営の根幹であることを深く認識 して安全の確保に全力をつくします。

3、当社は、輸送の確保のため、全従業員が一丸となって、法令順守し絶えず安全性の向上に努めます。

4、当社は輸送の安全の確保のために絶え間ない取り組みを行うと共に、安全に関する情報を積極的に公表し、お客様に信頼を提供いたします。

平成29年 4月1日

◎輸送の安全に関する目標

1、平成29年度の事故防止目標

a …人身事故0”を目指します。  達成状況(平成28年度まで 0件)
b …接触事故0”を目指します。  達成状況(平成28年度まで 0件)
c …車両故障0”をめざします。  達成状況(平成28年度まで 0件)

2、平成29年度の安全目標を達成するために、次の取り組みを実施いたします。

a … 運転適正診断の計画的受診及び診断結果に対応した指導の徹底
b … 安全運転に関する計画的指導の実施
c …飲酒運転の防止に関する徹底指導

平成29年 4月1日

◎事故統計及び安全情報

当社バスの重大事故は開業以来16年、平成28年度まで発生しておりません。

今後も輸送の安全を第一に無事故に努めてゆく所存です。

 

◎行政処分 平成28年度行政処分なし

安全統括管理者 桃井久美子

 

◎安全についてのお問い合わせ

当社の安全に関するご意見、苦情はこちらへご連絡下さい。

電話:0422-37-2423

 

結婚式に貸切バスを

 

バス走行中のシートベルト着用のお願い

 

バス走行中のシートベルト着用のお願い

お客様へ

バス走行中はシートベルトを着用してください。

シートベルトを着用しないと…高速道路で約9倍、一般道路を含めると約14倍
命の危険性が高まります。

 

1.社内で全身を強打する可能性があります。

事故の衝撃で、すさまじい力で前席や天井、ドアにたたきつけられることになります。仮に、時速60kmで進んでいる車が壁などに激突した場合、高さ14mのビルから落ちるのと同じ衝撃を受けます。

 

2.社外に放り出される可能性があります。

衝撃の勢いが激しい場合、社外に放り出させることがあります。社外に放り出されると、堅いアスファルトに体をぶつけたり、後続車両にひかれることがあります。

 

3.前席の人が被害を受ける可能性があります。

衝突の勢いで後席の人が前方に投げ出されると、前席の人への衝撃により、前席の人が大けがをすることがあります。
後席の人がきちんとシートベルトを着用することは、全席の人の命を守ることにもつながっています。

 

安全についてのお問い合わせや
当社のバスに対する安全に関するご意見はこちらへご連絡下さい。

お問合せフォーム